美味しいカブの研究

あくまでも農業

朝日ネット

平成29年3月期決算短信まとめ

ASAHIネット会員数 591千ID(前期比4千ID増) 微増
IoT/M2M 法人会員増
ネットワーク構築に投資 前事業年度を511,995千円上回る897,158千円の設備投資

教育支援サービス「manaba」(マナバ)においては、2017年3月末の契約ID数は597千ID(前期比106千ID増)

営業CF 15.3億
投資CF △15.7億
財務CF △6.8億

今後の見通し
次期においても、法人顧客向けの販売を強化するとともに、IPv6接続サービスの普及を促進し、通信品質の向上に努めてまいります。コスト面ではネットワークの償却費や通信費が増加するため、営業利益は減益を見込んでおります。
平成30年3月期の業績予想につきましては、売上高は10,000,000千円(前年同期比13.6%増)、営業利益は1,000,000千円(前年同期比23.5%減)、経常利益は1,000,000千円(前年同期比23.9%減)、当期純利益は700,000千円(前年同期比26.4%減)を見込んでおり、配当金は、中間配当9円、期末配当9円の年間1株当たり18円(配当性向76.1%)とする予定です。
なお、ネイティブ方式のネットワークを構築したことで、会員が増加したり一人あたり通信トラフィックが増加した場合でも通信コストをほぼ固定費化できる構造となり、売上増による利益貢献が大きくなるため、平成31年3月期以降は中長期にわたる増益基調を実現していく計画です。